ほくろの知識を深め除去の治療に役立てましょう

ほくろと病気の関係

ウーマン

ほくろは良性である場合、除去をする必要はありません。しかし悪性である場合には体に大きな悪影響をもたらすこともあるので、十分注意が必要となります。特にメラノーマと呼ばれる危険ながんは早期発見が重要となります。

More Detail

ほくろとは

看護師

ほくろができる原因

ほくろが気になるけれど、除去するべきかどうかとお悩みの方も多い事でしょう。ほくろは美容外科やクリニックで取り除くことができます。ほくろの除去を検討している方は、まずは基礎知識を知っておくことが望ましいでしょう。そもそも、ほくろはどのように出来ているのでしょうか。ほくろが作り出される主な原因となっているのが、紫外線です。ほくろは紫外線によってメラニン色素が発生し、皮膚が変異を起こしてしまうために発生してしまいます。このほくろを除去するためには、レーザー治療を用いることが一般的となります。今後もほくろを増やしたくないという方は、ほくろの原因となる紫外線をきちんとシャットアウトするように心がけてください。また、ほくろの原因としては紫外線の影響で無いものもあります。それは、遺伝性のほくろです。遺伝したほくろの場合、生まれたときからあるものや、幼少期から10代にかけてできるものもあります。このようなほくろは、体に害のないものならば除去を行う必要性はありません。しかし、悪性である場合には美容外科や皮膚科で取り除く必要が出てくるでしょう。良性のほくろであったとしても、強い刺激を与えることによって体に悪影響を及ぼすようになる可能性があります。あまり刺激しないように注意しましょう。ほくろを刺激することによって、肥大化するケースもあります。服や皮膚との摩擦が刺激となりほくろが大きくなることや、紫外線の影響で大きくなることもあるのです。またほくろが悪性であった場合、病気を引き起こすリスクもあるので十分に注意する必要があります。

ほくろの種類とは

女性

ほくろには様々な種類があります。種類を知っておくことで悪性かどうかの判断がしやすくなるでしょう。一般的にみられる小さな黒い点のほくろのことを単純黒子と呼びます。ほくろの種類によっては肥大化するおそれがあるため注意しましょう。

More Detail

ほくろを除去する方法とは

レディ

ほくろを切除する際には様々な方法があります。自宅で行うことができる、最も簡単な方法がほくろクリームを使うことです。皮膚科や美容外科で行っているものとして一般的な治療は、レーザー治療となります。ほくろが大きい場合には切除を行う場合もあるでしょう。

More Detail

注意点とアフターケア

ドクター

ほくろの除去が終わった後のケアはとても大切です。たとえ綺麗に除去することができたとしても、紫外線を浴びることによって再びほくろは出来てしまいます。また、切除をおこなった後はしばらく傷口のケアを丁寧に行う必要があります。

More Detail

除去を行う費用

カウンセリング

ほくろを除去する際、治療でかかる費用はほくろの大きさや切除方法によって変わってきます。ほくろは大きければ大きいほど、そして大掛かりであるほどに高額となってしまいます。

More Detail

TOP