ほくろの知識を深め除去の治療に役立てましょう

ほくろの種類とは

女性

悪性かどうか見分ける判断基準に

ほくろといっても種類は様々にあります。非常に小さな点であったり、少し膨らんでいるような見た目であったりすると思います。ほくろの種類を知っていることによって、美容目的の切除を行うような時に役立つようなことは少ないのかもしれませんが、良性や悪性といった見分けがつきやすくなるという点では、大きなメリットとなるでしょう。もしも疾患が隠れているようなほくろの疑いがあるのであれば、事前にほくろの種類について知っておいて損はありません。例えば、少し盛り上がっているようなほくろがあると思います。こういったほくろの場合には、見た目の問題によって切除したいという方が多くいらっしゃいます。盛り上がっているという点だけでは、特にそのほくろが悪性であるという可能性は低いと言えるでしょう。ただ、その盛り上がったほくろに痛みが伴う場合などは注意が必要です。悪性でなかったにしても、今後のことを考えて切除した方が良いです。ほくろの大きさによってはレーザーによる治療で対処することができないものもあります。ほくろが比較的大きいような場合では、切開を行って除去する方法となってしまいますので、クリニックや皮膚科によっては対応することができないこともあります。事前に確認をしておきましょう。よく見られる小さな黒い点のほくろは、紫外線の影響で作り出されることがほとんどでしょう。肌が紫外線を浴びた時に、肌を保護するためにメラニン色素が発生します。その時にメラニン色素が変異をおこすことによって、ほくろが生まれてしまいます。このほくろのことを単純黒子と呼びます。この単純黒子を除去する場合には、一般的にレーザーを用いた施術となります。また、ほくろが大きく盛り上がった形をしているのに色素細胞母斑があります。この色素細胞母斑の元になるのが母斑細胞となります。この母斑細胞はメラニン色素の生成を担当しているメラサイトというものが変異を起こしたものです。この母斑細胞が沢山増えてしまうと色素細胞母斑になります。この色素細胞母斑はどんどん大きくなってしまうこともあるほくろで、大きくなるあまりに皮膚の真皮にまで到達してしまうものもあります。色素細胞母斑は悪性というわけではありませんが、さらに大きくなる危険もあるために切除を行ったほうが良いケースもあります。ほくろによっては色が黒ではないものもあるかと思いますが、特にほくろが青みがかっているものを青色母斑といいます。この青色母斑はなぜ青く見えるのかというと、皮膚の奥深くに発生したほくろであるためです。この青色母斑も見た目が青色をおびているために悪性かと心配になる方も多くいらっしゃいますが、良性であることが多いでしょう。範囲が大きい場合や心配な時は皮膚科やクリニックで医師に相談してみると良いでしょう。

TOP